GOUACHE  FUKUOKA

スタイルクラフトのバッグ


「新しい季節の前に」

8月に入りました。8月は「祈り」や「願い」を自分の傍に感じる季節ではないでしょうか。
七夕や花火大会もそうですが、夏はどこか、想いを馳せる機会が多く、その分、暑い季節が和らいでいき、夏の終わりを感じるのは、少々寂しい気持ちになるものですね。


さて、今年は残暑が長引くようですが、お盆休みにむけて素敵な服をご用意しております。
ガッシュにて定番として長くお取り扱いさせていただいているSTYLECRAFTのバッグ。

上質な革を使用した人気のモデルが入荷中です。
印象的なデザインのこのバッグ。毎年これくらいの時期から手に取られる方が多く、
コーディネートはもちろん実用性の高さもお墨付きです。

08ce4ab72bd407d9fbf0.jpeg

5b5e6a01682d642288af.jpeg
他にもハリウッドランチマーケットのカットソーのメンズサイズもご用意しております。お盆休みにむけ新調なされてもよろしいかもしれません。少しづつですがメンズ服の準備もいたしますので、楽しみにお待ちください。
レディースは秋の新作も入荷がスタートいたしました。
みなさまに夏の楽しい思い出がたくさんできることを願っております。

GOUACHEのワンピース


「快適さと美しさを丁寧につくりました。」


梅雨があけ、暑さもますます厳しく感じる今日この頃。
カラっとした夏には程遠く、夜の食欲もなんだか低下ぎみです。
そんな夏の気分を吹き飛ばしてくれそうなワンピースが到着しました!
この真っ赤なワンピース、よく見ると日本特有の伝統的な朱色の赤。
朱(あけ)という言葉は明ける、茜といった明るいイメージを思い起こさせる響きがあり、
実際店頭でもこの朱色のワンピースを着てみたい!という方が多くいらっしゃいます。
決して派手にはならない日本人らしい朱で今年の夏を過ごしてみませんか?

8fd984580e544128cbb4.jpeg
カラーは他にもチャコールグレー、ネイビーもご用意しています。
汗で服がカラダに引っ付いたり、透けてしまったりといったことを極力無くすために選ばれた快適な生地。薄すぎず、そして厚すぎず、ちょうどよい生地の厚さで「一枚で着れる」ことを前提に作られています。その分涼しさも増し着心地も快適です。

7645a6a2170453671302.jpeg
店頭にはマチュアーハの帽子やワンピースにも使えるレザーベルト、そして太田潤さんのガラスがたくさん入荷しています。朝倉はまだまだ大変な状況ですが、太田さんの手吹きガラスが励ましの力になるかたもきっと多くいらっしゃると思います。
7月も残り僅かとなりましたが、みなさまのお越しをお待ちしております。

野菜の日傘


「織物屋がつくる傘」

日傘野菜
生地のデザイン、織り、傘製造まで一貫してオリジナル生産している日傘が入荷しました。
こちらの傘のモチーフはなんと野菜。
左から紫おくら、えのき、人参、とうもろこしです。かわいらしいですね。
古くから続くものづくりの精神を守りながら、電子ジャガード織機を使うことで、経糸をキャンバスに、緯糸を絵の具と見立て、様々な模様を織り描いた傘を生産しています。

日傘野菜

発色も良く、絵柄に立体感が生まれることで高級感さえ感じる傘の内側には反転した絵柄が入るので、傘を差している人自身も絵柄を楽しむことが出来ます。また、重さやフォルム、生地などに合わせて骨組みを作っており、紫外線カットにもUV加工90%以上という基準をクリアしています。

日傘野菜
江戸時代からの150年の歴史を持った生地づくりとその職人技術が光ります。
富士北麓地域では、古くから富士山の豊かな湧水を利用した絹の先染織物が盛んに織られ、国内でも市場の約9割は海外製品という中で、国産にこだわり、気品溢れる甲州織りを使用して一つ一つ丁寧に作りつづけています。

小代焼、小石原焼が入荷


小代焼き、小石原焼が入荷いたしました

器

器

風薫る……を通り越し、
太陽ぎらぎらの六月を迎えました。
いきいきとした青葉の季節に、来週からはいよいよ梅雨入りとの情報も。
気候の変化に体調を崩さぬよう日頃の食事には気を使いたいですね。

ガッシュには、夏に元気を与えてくれる器がたくさん入荷しました。
小代焼 井上尚之さん、小石原焼 翁明窯元さん どちらも人気ですぐ完売してしまう人気の作家さんです。
店内にはほかにも着心地のいいカットソーの新シリーズも入荷していますので
ぜひいらしてみてください。

久留米絣のスカート


GOUACHEオリジナル 久留米絣のスカート

久留米絣

今年も、ガッシュの夏がやってきました。
店内を賑やかに彩る、色とりどりの久留米絣のスカートがずらり。
当店ならではの夏の便りです。

今ではガッシュの定番アイテムとして浸透し、
お客様から、「毎日着ています!」というようなお声を頂くと、
久留米絣がみなさまの生活に寄り添ったものになっていくのを実感して、
とてもうれしく思います。

熟練の職人の手によって、丁寧に織られる久留米絣。
久留米の伝統工芸として、地域を支え、人々の生活に根付いてきた絣を、
現代の自分たちの生活によりぴたりとくる形で、ご提案させて頂きます。


久留米絣 久留米絣久留米絣 久留米絣

今回は、写真以外にもお馴染みの柄を含む、10種類が揃いました。
それぞれに個性のある文様です。
お好みで、気分で、組み合わせで。ご自身にぴたりとくる柄をお選びいただけたら幸いです。

BLUE BLUE JAPAN | 新柄


BLUE BLUE JAPAN | ブルーブルージャパン


sorobancoat-17SS ガッシュ福岡

ブルーブルージャパン ガッシュ福岡ブルーブルージャパン ガッシュ福岡

ブルーブルージャパン ガッシュ福岡ブルーブルージャパン ガッシュ福岡


“BLUE BLUE JAPAN | ブルーブルージャパン”は、手作業で縫い合わせた温もりを感じられる藍を中心としたモノ作りからはじまりました。着心地が良く長年着用できるものを、日本の伝統技法である本藍染めを中心に天然染色や四季を感じさせる色や素材を使用しMADE IN JAPANにこだわりながら作っています。

今回ご紹介するのは、無地染めの布に、抜染剤(=色を抜く薬)を入れた糊型(のりがた)を置き、その部分の地色を取り除いて模様を出す「抜染」の算盤(そろばん)柄。中国から来たそろばんが江戸時代になり庶民の間に広がり、この模様も考案されたとされています。

これ以外にも店頭には続々夏の装いにピッタリな、ブルーブルージャパンのアイテムが入荷中です。是非実際に手に取ってみて頂ければと思います。

≫ Watch on the web store



このカテゴリーに該当する記事はありません。