GOUACHE  FUKUOKA

福田るい展


「 Loui Fukuda Exhibition 2020 」

福田るい展2020-1

本日で2019年の営業最後となります。
今年も大変お世話になりました。

来年は1月2日より営業となります。
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。
2020年最初のイベントは「福田るい展」からスタートです。


福田るい展2020-2

【福田るい展 1月2日-31日 ガッシュ1F】

熊本県の小代山麓で約400年前から作り続けられている小代焼。
荒尾市の東に位置する小岱山の麓で採れる良質の陶土を使って作られています。
その窯元の一つである「瑞穂窯」の福田るいさんは、父の福田豊水さんが興した
小代瑞穂窯の2代目です。

福田るいさんは大学卒業後、益子で人間国宝、島岡達三氏に最初の女性の弟子として師事。
伝統的な技法をベースにしながらも、独自のワラ灰釉の配合や焼き方を研究し、
オリジナルな作陶を変わらず続けています。

使い方の枠にとらわれない自由な発想と、るいさんご本人のユーモアあふれる人柄
から生まれる作品は、どれもオリジナリティーに溢れ、手に取る人の心をギュッと
つかんで離さないほど魅力的なものばかり。

今年は特に必見です。


年末年始の営業のおしらせ
12月31(月)~1月1日(火) お休み
1月2日(水)~通常営業

アトリエダンタン ジョーシュモー スプーンバングル


「幸せをすくう。スプーンバングル」

100年〜200年以上前のイギリスのアンティークのスプーンをアクセサリーにリメイクしたシリーズです。アンティークスプーンをアクセサリーに蘇らせる Atelier d’antan の ‘Revivre(ルヴィーブル)’コレクション 。欧州では「幸せをすくう」という意味からスプーンを贈り合う習慣があり、幸せへの願いを込められたそれらは大切に受け継がれてきました。用途、年代によって形や刻印も様々で個性があるスプーンにはそれぞれに長い時を経て紡がれてきた小さな物語が詰まっているのかもしれません。

スプーン11

スプーン12 スプーン10
スプーン9 スプーン8
それぞれのスプーンの特徴を活かした同じものが2つとないデザインが魅力的です。アトリエダンタンらしい特別なアクセサリーと言えます。メンズ/レディースございますのでペアでつけられても素敵です。

スプーン7
バングルのデザインは2タイプ。ブラス(ゴールドの部分)が細いタイプと太目のタイプがございます。
比較的細い方が女性向、太目のタイプが男性向きです。

スプーン6 スプーン5 スプーン4 スプーン3

スプーン2

スプーン1
写真左がブラスが太目のタイプA202151AB033 右がブラスが細めのタイプA202171AB051
詳細はこちら通販サイトから[[ WEB STORE ]]

こちらの商品はカートでのお買い物ができませんが、SOLDになっていても在庫をご用意できる場合もございます。
まずは通販サイトよりご希望の商品に関してお問い合わせいただくか、
直接店舗にお電話いただくかたちでのみ対応させていただいております。

10回払い無金利フェア開催


GOUACHE FUKUOKA
「CTX提携カード 10回払いまで無金利に。」

20170917155101bb3-2-3.jpg
10/1からの増税前のタイミングで毎年恒例となっております、GOUACHE FUKUOKA シティックス提携CARD10回無金利フェアを開催いたします。期間は9月14日~9月30日までとなっております。

CTX提携カードをお持ちでない方でも、店頭でかんたんにご加入いただけ、
当日からフェア対象となっております。またうれしいことに入会金も年会費も無料です。

累計5万円のお買い物に対し1000円の金券も発行されますので日頃GOUACHE FUKUOKAで
お買い物をしていただいているお客様はご加入いただけますと大変お得です。
皆様のお越しをおまちしております。

三人展開催のお知らせ


GOUACHE FUKUOKA
「三人展開催のお知らせ 7月28日(日)~8月18日(日)」


2019sannninten.jpg


毎年多くのみなさまにお楽しみいただいております【三人展】
おかげさまでこの度、四回目の開催となりました。

期間  :7月28日(日)~8月18日(日)
ところ  :GOUACHE FUKUOKA

これからの九州民藝の担い手としてもっとも評価される三人の作家の器がずらりと揃いました。今回も充実した仕事ぶりがうかがえる内容となっております。

実力溢れる彼らの作品は年々認知が高まっており、定番から新作まで実際にお手に触れてご覧いただける機会はたいへん貴重なものと言えます。

■小代焼 ふもと窯 井上尚之
スリップと呼ばれる技法を独自に進化させた作風が特徴。若い方が民藝に興味を持つ火付け役になったといってもいい作家です。今年は久しぶりに呉須の顔料を使用した器やガッシュオーダーの飯碗、マグカップなど充実しています。

■小鹿田焼 坂本創
重要無形文化財に指定される小鹿田古来の技法を継承しながら常に新しい試みを忘れない毎年新作が待たれる20代の作家です。活き活きとした刷毛目のダイナミックな皿は圧巻です。

■太田潤 手吹き硝子工房 太田潤
廃瓶を再生した手吹き技法ならではのおおらかな造形が魅力。一輪挿しの小さい花瓶は当店でも人気で、一目見て心を奪われる方が多く、今回も大小さまざまなものをご用意いたします。

伝統を守りながらも常に新しい挑戦を続ける彼らの作品は一様に力強く、手にした瞬間に活き活きとした息吹が流れ込んでくるようです。

九州民藝の躍動に満ちた当展へ、みなさまのお越しをお待ちしております

mature ha.書籍とHATの販売会


GOUACHE FUKUOKA
「mature ha.展開催のお知らせ 5/7~17日まで」


名称未設定-2
この度、mature ha.15周年を記念致しまして、ウェブマガジン『MAKING THINGS』の書籍化と、mature ha.シーズンイメージを撮影している写真家、横浪修さんと神戸の街を巡り撮り下ろした写真集『KOBE』が発刊されます。そこでGOUACHE FUKUOKAにて書籍の販売とHAT、小物の販売を期間限定で行います。

名称未設定-6  名称未設定-5

名称未設定-4  名称未設定-3
浜辺に漂着した陶片の柄を再構成することで生み出したパターンをもとに、展示や本の制作、デザインなどを手掛ける、村橋貴博・岩瀬敬美による2人組のアートプロジェクト「guse ars」さんの柄を使用した、貼り箱のシリーズPAPER HATとリボンのロゼットで知られるWHYTROPHYさん作成のコカードを販売致します。

名称未設定-1-3
その他、定番のBOX HATや夏用のフリーハットなど小さなスペースですがコーナーを設けておりますので、ぜひお越しください。

ayame展を開催いたします


GOUACHE FUKUOKA
「ayame展開催のお知らせ」



【ayame展 4/20(土)~5/6(日) ガッシュ1F】

今年の桜のシーズンは全国的にお天気にも恵まれ、お花見を十分に堪能できたのではないでしょうか?
通勤途中でも桜の花が目に入ると気分が上がるものです。

それと同時に入学式や職場の移動など忙しい毎日に気が付けば4月ももう終わり。
季節の移り変わり、気候の変化に対応するのも一苦労ですね。

ガッシュでは毎年この時期にソックスブランドayameのイベントを行っています。

まるでお祭りみたいに店内が賑やかになるので、
毎回とても楽しく、スタッフ自身も待ち遠しいイベントのひとつです。

暮らしに取り入れる色は、心にちょっとしたときめきをくれます。
春の開放的な気分を気持ちよく後押ししてくれるような楽しいイベントになれば幸いです。

どうぞ、お花見に出掛けるような気分で、ふらりと足を運ばれてみてください。
桜の花のように華やかで、心ときめく靴下が今年も勢ぞろいです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。