GOUACHE  FUKUOKA

久留米絣の日傘と扇子


「久留米絣の夏支度」


風薫る5月もつかの間、初夏を通り越した暑さを感じる今日この頃。
蒸し暑さも加わり少し外を歩くと額に汗がにじみます。
ガッシュでは、長年提案している久留米絣の日傘と扇子がご好評いただいております。
お出掛けの際にいかがでしょうか。

名称未設定-1-3

名称未設定-2-2

名称未設定-3-3

扇子も残り僅かとなりましたが、夏のギフトにも最適です。
お気に入りの柄の小物を身に着けたり、持ち歩けることは気分がいいものです。
ここにご紹介したもの以外にもございますのでぜひ店頭で気に入った柄を見つけられてみてはいかがでしょうか。
なお、久留米絣スカートは7月からの販売を予定しております。
合わせて宜しくお願い致します。

名称未設定-1-2

名称未設定-2

名称未設定-3

ayame展を開催いたします。


「ayame展開催のお知らせ」


名称未設定-2-3


【ayame展 4/28(土)~5/13(日) ガッシュ1F】

今年の桜のシーズンは全国的にお天気にも恵まれ、お花見を十分に堪能できたのではないでしょうか?
通勤途中でも桜の花が目に入ると気分が上がるものです。

それと同時に入学式や職場の移動など忙しい毎日に気が付けば4月ももう終わり。
季節の移り変わり、気候の変化に対応するのも一苦労。

ガッシュでは毎年この時期にソックスブランドayameのイベントを行っています。

まるでお祭りみたいに店内が賑やかになるので、
毎回とても楽しく、スタッフ自身も待ち遠しいイベントのひとつです。

暮らしに取り入れる色は、心にちょっとしたときめきをくれます。
春の開放的な気分を気持ちよく後押ししてくれるような楽しいイベントになれば幸いです。

どうぞ、お花見に出掛けるような気分で、ふらりと足を運ばれてみてください。
桜の花のように華やかで、心ときめく靴下が今年も勢ぞろいです。
メンズのソックスも揃いますよ!

名称未設定-3-3 名称未設定-4

名称未設定-5

GOUACHE FUKUOKA メンズ インスタグラム


「メンズ インスタグラム」

WIRROW20180814

ガッシュ福岡のメンズインスタグラムがスタートいたしました。
少しづつですがアップしていきますので、ぜひご覧ください。
また、ガッシュ福岡2Fにて実際にメンズ商品もご覧いただけます。
GOUACHE FUKUOKA MENS Instagram





福田るい展はじまります。


「小代焼 福田るい展」


福田るい個展2017

【福田るい展 12月16日(土)~ ガッシュ1F】

熊本県の小代山麓で約400年前から作り続けられている小代焼。
荒尾市の東に位置する小岱山の麓で採れる良質の陶土を使って作られています。
その窯元の一つである「瑞穂窯」の福田るいさんは、父の福田豊水さんが興した
小代瑞穂窯の2代目です。

福田るいさんは大学卒業後、益子で人間国宝、島岡達三氏に最初の女性の弟子として師事。
伝統的な技法をベースにしながらも、独自のワラ灰釉の配合や焼き方を研究し、
オリジナルな作陶を変わらず続けています。

福田るい個展2017

使い方の枠にとらわれない自由な発想とるいさんご本人のユーモアあふれる人柄が
最大の魅力。

そのフォルムの美しさと、しのぎから見える曲線の様々な表情は、
現代のライフスタイルにも、すっとなじみ、惹きつけられる方が後を絶たない理由が
よくわかります。

「これはどうやって使うのですか?」とよく聞かれるほど、自由で押しつけさがない、
るいさんの器。あれこれ自由に手に取って、選ばれてみてはいかがでしょうか?

福田るい展は12月16日(土)からガッシュ1Fにて行います。

年末年始の営業のおしらせ
※12月26日(火)27日(水)28日(木)は店内改装のためお休みをいただきます。
12月29日(金) 通常営業
12月30(土)~1月1日(月) お休み


TRAVEL SHOES by chausser


「旅するシューズ」

澄んだ空気と、冷たい風に気持ちも引き締まる11月の終わりです。
今年も残すところあと僅か。街の木々も、気が付けば赤や黄に色づき、
思わず、「きれいですね。」と伝えたくなります。
今回はそんな季節に使っていただきたいシューズのご紹介です。


ガッシュではおなじみのドメスティックシューズブランド、ショセのデザイナーである
前田洋一氏が新たに手掛ける、旅をテーマとしたシューズブランドがトラベルシューズです。
軽量で携帯しやすく、旅行先での様々なシチュエーションに対応可能な機能とデザインを
取り入れたシューズを展開しています。

220b2c901192e0cdda37.jpeg 6d528dc55ae8914386d4 (1)
■アッパー:防水加工を施した牛革を使用し、雨や傷に強いです。
■ソール:イタリアのVIBRAM社製。グリップ性能が高くなるよう配合されたゴム=アイストレックを用いた特注仕様。
■インソール:歩行時の衝撃を軽減する、低反発特殊ウレタンを使用。
■シューレース:脱ぎ履きしやすい、伸縮性のあるゴム紐を採用。
と、シンプルながら拘りぬいた作りに人気が高まっています。

b9ab365896bd8f6c2498.jpeg
大好評のレディースシューズに続き、2017年春よりメンズサイズのご提案も始まりました。
ガッシュ2Fのメンズコーナーにて取り扱いもスタートしました。
たくさんの方にお試しいただければと思います。

.FULLER POP UP SHOP


「.FULLER POP UP STORE開催のお知らせ」

FULLER.jpg
10月の東京虎ノ門でのイベントも大好評だった.FULLER POP UP STORE
がいよいよGOUACHE FUKUOKAへ。
今回はレディースはもちろん、メンズのアイテムや帽子、
クッションカバーなど幅広く、ご覧いただくことができます。

【開催期間】11月9日(木)~19日(日)
【場所】 GOUACHE FUKUOKA

FULLER-1.jpg
一度袖を通すとパターンの美しさと動きやすさに、驚かれるかもしれません。
特別に選りすぐられた生地を用い、限定された枚数のみ一点一点丁寧に
作られたものです。何でも揃う世の中ですが、この類のものは探して
出会えるものでも無いような気がします。
ご自分にあう一着を探しにいらして欲しいと思います。
フェイスブックもぜひチェックしてみてください。
.FULLER face book

10回払いまで無料に。


GOUACHE FUKUOKA
CTX提携カード 10回払いまで無金利に。


ガッシュ福岡無金利


毎年恒例となっております、GOUACHE FUKUOKA シティックス提携CARD
10回無金利フェアを9月16日(土)から10月15日(日)まで開催いたします。

CTX提携カードをお持ちでない方でも、店頭でかんたんにご加入いただけ、
当日からフェア対象となっております。またうれしいことに入会金も年会費も無料です。

さらに新規ご加入の方は、その場で 『1000円』のショッピングチケット贈呈。
是非この機会にご利用ください。


ガッシュ福岡無金利


admi アドゥミ展


「アドミがずらりと揃いました。」

admi展 (4)
こんにちは。
明日26日よりアドゥミ展がいよいよスタートです。
今年は1F入口に特設のコーナーをつくりました。
色とりどりの柄がずらりと並んで、とても賑やかです。

admi展 (5)
定番のハンカチ、バンダナも一同に並ぶと新鮮であれこれ迷いそうな楽しさに。
バンダナサイズも用途が広く、重宝しそうです。

admi展 (3)
小物は、木版スタンプやマスキングテープ、写真以外にもポストカード、デザインペーパーなど御座います。

admi展 (2)

admi展
こちらはハギレ4種セットです。他にも人気の1mカット生地、トートバッグも多数ご用意しております。
ご自身の日常使いに、お友達へのプレゼントにも喜んでいただけると思います。
来月18日まで開催しておりますので、ぜひご来店ください。


アドゥミ展始まります


「心象風景のかけらとかたち」


暑い日がまだまだ続きますね。いかがお過ごしでしょうか。
ガッシュでは、今年も毎年恒例の「アドゥミ展」を開催いたします。
期間は8月26日(土)~9月18日(月)です。

定番のハンカチ以外にも、バンダナ、ハギレ4種セット、木版、マスキングテープ、
デザインペーパー5種セット、ポストカード、ヘアターバン、そして人気の1mカット生地が
ずらりと揃います。

0818admi02.jpg
アドゥミのハンカチには、どこか風景が浮かぶような、見たことあるような絵だけど、
それは自分の心の記憶のような。。。
そんな心象風景を草花やカラフルな蝶たちがやさしく肯定してくれます。
「かわいい」の中に、きらきらと揺れるふり幅があり、たった一枚の布だけで
伝えたいことが伝わる。作為がなく、素直で真似ができない強さがある。

IMG_7735.jpg
それは、デザイナーの堀千春さんが、制作をひとりだけで完結させてないところにあるのではないでしょうか。
アドゥミのハンカチはインドの職人さんたちと一緒に作られています。
堀さんはインドの伝統技法である木版という手法に触れ、彼らと一緒にものづくりがしたいと
アドゥミを立ち上げました。その丁寧な仕事ぶりと純粋さは写真からも十分に伝わります。

0818admi04.jpg
イベントを前に早くも楽しみで仕方ありません。
「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」ですね。
皆様のご来店おまちしております。